寿歌(ほぎうた)

静岡公演が初日を迎えました!

スタッフレポート 2018.05.22(火)

みなさん、こんにちは!

愛知県芸術劇場制作アシスタントの伊藤です。

待ちに待った連休が始まりましたね。みなさんはいかがおすごしですか?

『寿歌』チームは現在、ふじのくに⇄せかい演劇祭が行われている静岡に滞在中です。

こちらが次の会場!

舞台芸術公演「有度(ウド)」です。

この劇場、なんと野外劇場なんです!!

見てください、この開放感〜!

劇場の中でこのセットを見た時もすごい迫力でしたが、自然の中にあってもその迫力は健在でした。

だんだん暗くなっていく様や、風や虫の音、全部が自然の中でのお芝居。

舞台の上の3人と、本当に旅をしているような不思議な空間です。

屋内の劇場とはひと味もふた味も違う『寿歌』になること間違いなしですね。

 

 

さてさて、本番を2時間後に控えたセットでは、美術家さんと演出部の面々がなにやら慌ただしく動いていました。

 

先日降った雨にさらされたセットが、すこし弱くなってしまったとのこと。

役者さんたちがけがをしないように、入念にチェックします。

 

そして、いよいよ本番!

こんなにたくさんの方が来てくださいました。

 

静岡公演は残すところ、あと一日!

ぜひぜひ、お越し下さいね。

 

ふじのくに⇄せかい演劇祭『寿歌』公演の詳細はこちら⇒http://festival-shizuoka.jp/program/hogiuta/