tokyo exhibit amid pandemic

日本のパンデミックのアートシーン

今年初めに COVID-19 が始まって以来、経済の各分野で大きな打撃を受けました。 多くの企業は、人々が家にいることを奨励されたため、閉鎖しました。 日々の増加に伴い、国民は経済、社会、世界の将来に何があるのかを疑問に思っている。

日本では、コロナウイルスの被害者数は他の国と比べて依然として少ない。 実際、この国はウイルスの死亡率が非常に低い。 研究によれば、高齢者はウイルスの影響を受ける危険性が特に高いと科学者たちは主張している。 日本は高齢化が強いことを考えると、近隣諸国と同様に影響を受けることが興味深い。

日本はパンデミックの間に

現在、日本は全体で4万2000人をわずかに上回るケースが残っており、すでに2万9000人が完治している。 新しい正常な国に適応しようとすると、市民の安全のために新しい規則や規制が課されます。

日本のアートシーンでは、東京で大ヒット展が開催されました。 国内で最も人気のある現代アーティストの一部が出演しています。 コロナウイルスの危険性にもかかわらず、展示会に人々が群がるかどうかを調べることを目的としている。

作品の裏には、森美術館の館長である片岡麻美がいる。 閉鎖後 5 ヶ月経過した 7 月 31 日に再開。 博物館は再オープンし、一般の人々にも注目されるアートショーを披露しました。

「美術館の役割と芸術の役割は何か」と聞かれたときに、片岡は「美術館の展示会」についてのインタビューで「私たちは一度に住んでいます」と述べました。 おそらく、 4 月には夏季にはオリンピックの来場者を促すために開場する予定だった。

代表的なアーティストは、杉本博、奈良義元、李宇ファン、村上隆、草間彌生など。 特色にされた芸術は生気、破裂音文化および サブカルチャー と同様、より少なく従来のミニマリスト様式を含んでいる。

しかし、世界的な流行が発生し、オリンピックが 1 年遅れた。一方、今年 2 月には感染が拡大し始めたため、博物館は閉鎖された。 パンデミックに苦しんでいるにもかかわらず、展覧会は開いたままにし続ける。 知事は、東京で第二波感染の可能性について警告した。

芸術家と彫刻家の宮島達夫によると、このパンデミックは、 COVID-19 のようなパンデミックの間に人々が直接見たいと思う芸術の種類を証明するものだという。

訪問者は、事前に予約し、マスクを着用し、消毒を頻繁に行う必要があります。 博物館は価格を上げ、費用を補うために展示物のスケジュールをより長く伸ばした。 日本では感染率が低いにもかかわらず、外に出て、人々が群がる公共スペースを訪れるリスクは依然として存在します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa