Cast

テキストはまだありません

寿歌の素晴らしいキャスト達
寿歌が地元で注目を集めるにつれ、その人気は世界的な成功へとつながっていきます。

旅芸人のゲサクとキョウコが、核戦争から逃れて荒野に足止めを食らう旅に出て、「寿歌」の世界に足を踏み入れる。物語は、風の中から現れた男、ヤスオが、彼をイエス・キリストだと信じていた二人の主人公に降臨したことから始まる。

今すぐ関西の地で寿歌の謎を解き明かしましょう!愛知県芸術劇場とSPAC(静岡県舞台芸術センター)の共同企画により恒星の演劇が誕生した。業界で数年の経験を持つ演出家であるSPAC芸術総監督宮城聰氏の愛知県での活躍により、同氏が橋渡し役となりこの共同企画が実現しました。

この傑作の制作に参加した優れた俳優や女優たちをご紹介します。彼らのことをもっと知りたい方は、続きを読んでみてください。

寿歌の将来有望な役者陣
1979年に初公演された「寿歌」の壮大な物語を、あなたのもとによみがえらせます! 蒼井優さん、林延年さん、蒼井翔太さんなど、豪華キャストが勢揃いしているので、期待大です。彼らの詳細はこちらから。
林延年
ゲサク役を演じるのは林延年さん。日本では有名な舞台俳優、声優、ナレーター、歌手です。芸名は神奈延年として知られています。
1971年から舞台で活躍してきたベテラン俳優が主役となる寿歌が名作であることは間違いありません。林延年さんはこれまで、アニメ、ゲーム、ドラマ、実写の吹き替えなど、いくつもの作品を手がけてきました。
彼の代表作には「ナルト」の薬師カブト、「BLEACH」のノイトラ・ジルガ、「ベルセルク」のガッツ、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のナックルズ・ザ・エキドゥナ、「シャーマンキング」の李白龍、「Fate/stay Night」のランサー、「名探偵コナン」の松田陣平、「LOVE SONG ~半分天使~」の目伸一などがあります。
また、以下のヒットアニメにも出演しています。
ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
SLAM DUNK 吠えろバスケットマン魂! 花道と流川の熱き夏
劇場版マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
犬夜叉 紅蓮の蓬莱島

林さんは、舞台で良い演技ができるように、寿歌の準備を頑張っていると話しました。また、共演者とはリハーサルでかなり仲が良いとのことです。
主演の蒼井優さんとの間には大きな年齢差があるが、その差が舞台上での友情や相性を妨げることはなかったと語りました。
「私たちは舞台の上でもプライベートでも本当に良い友人となりました。彼女は良い女優で、彼女の演技を見ているだけで、特に悲しいシーンでは、思わず見入ってしまうでしょう。」
一方、蒼井翔太さんについては「彼は本当に素晴らしくて努力家な俳優で、今後数年で成功した俳優と歌手になると信じている」と語りました。
舞台をこよなく愛するプロとして、林さんは「みんなの期待に応えてくれる、今年最も期待されているイベントの一つであることは間違いない」と、寿歌について言及しました。
また、林さんは作品について「私のキャラクターや蒼井優さんとの相性、そして全体的にファンの方に気に入ってもらえればと思います」とコメントしています。
蒼井優
主演女優の蒼井優さんが演じるのは、劇中冒頭で出産寸前のキョウコ。彼女はゲサクの恋の相手です。
彼女は34歳にしてすでに舞台やテレビに何度も出演しているベテラン女優。1999年にデビューし、現在に至るまで活躍しています。
また、舞台やテレビのほか、モデルとしても活躍しています。彼女の有名な作品には以下のようなものがあります。
「リリイ・シュシュのすべて」の津田詩織
「キネマ通りの人々」のヒカリ
「花とアリス」の有栖川徹子
「鉄人28号」の立花真美
「星になった少年 Little Randy and Shining Boy」の村上絵美
「長いお別れ」の東芙美
「おらおらでひとりいぐも」の桃子

蒼井さんは2005年以降、様々な賞やノミネートを受けています。2005年の第14回日本映画プロフェッショナル大賞で最優秀女優賞を受賞したのを皮切りに、翌年の第31回報知映画賞で最優秀助演女優賞を受賞し、第74回毎日映画賞では映画「宮本から君へ」で最優秀女優賞にノミネートされました。
彼女は今年一番の待望の舞台に向けて、女優としての意気込みを見せています。役の上での相方・林延年さんとのケミストリーについて、彼女は 「先輩俳優との共演は楽しかった」と言及しました。
「多くのことを学べたので、彼と一緒に仕事をする機会を得られたことに感謝しています。彼はいつも共演者に気を遣ってくれて、舞台上でもプライベートでも良い友情を築いています」と語りました。
また、蒼井さんは「この作品は絶対に見て後悔しないものです」とファンに観劇を勧めています。葵ファンの皆さん、今すぐチケットを手に入れて、お気に入りの女優さんの素晴らしい演技を見届けてくださいね。
蒼井翔太
蒼井翔太さんは、主演俳優の中では最年少。彼は風の中から舞い降りた謎の男・ヤスオ役を演じます。
32歳の蒼井さんは、2006年に「願い星」という曲でキングアミューズメントクリエイティブからデビューしました。彼の芸能界入りのきっかけは歌手としてだったのです。
芸能界に入って数年後、演技や声優の道に進み、現在に至っています。ミュージカル「フルーツバスケット」では、花島咲役を好演したことで知られ、このことでミュージカル演劇界での成功への道を開きました。
その後彼は「PERSONA3 the Weird Masquerade ~青の覚醒~」に汐見朔也役で出演、大成功を収めた後、声優活動を開始し、「うたの☆プリンスさまっ♪」の美風藍役でデビュー。その高い声質から、アニメでは様々な女の子キャラクターの吹き替えにも挑戦しています。
現在、蒼井翔太さんは2016年からキングレコードの管理下に入っています。
蒼井翔太さんの有名な出演作には、以下のようなものがあります。
「Moon War ……月は黄色か、白、黒か……」のアトラ
「極上文學V『Kの昇天 〜或いはKの溺死〜』」の僕
「Relic〜tale of the last ninja〜」の庄司甚内
「王室教師ハイネ」の リヒト・フォン・グランツライヒ
「この音とまれ!」の神崎澪
「ウエスト・サイド・ストーリー」シーズン1のトニー

蒼井さんは演劇活動の他にも、2014年から2016年まで「モテ福」のレギュラーメンバーとして出演するなど、実写やバラエティ番組にも出演している。さらに、2015年にはジョイまっくすと共に「蒼井翔太の青空サンシャインwith ジョイまっくす」、2014年から現在に至るまで「アニメイト音楽館」の司会を務め、2019年の「REAL⇔FAKE」には鏑木朱音役で出演しています。
蒼井さんは、共演者の蒼井優さん、林延年さんらと良好な関係を築いていることを明かしました。蒼井優さんは2歳年上であることから、初対面の時から親しみを感じていたという。
また蒼井さんは、先輩ベテラン俳優の林延年さんから多くの演技を学んだことを明かし、「本当に尊敬しています。表情がシュールで、目で物語を語ることができる。俳優としても先輩としても素晴らしい方です。」としています。
さらに、「リハーサルが終わった後には、感謝の気持ちを込めて食事をご馳走してくれることもしばしば。年の差があっても、とても居心地がいいですね」とも付け加えました。
蒼井翔太さんも蒼井優さん同様、ファンに観劇を勧めています。悲しみや幸せなど、様々な感情を味わいたい人には、ほのぼのとした物語を楽しんでほしいと話してくれました。
待望の日本での観劇は、今がチャンス。ご家族やお友達、大切な人をお連れになって、3人の名優たちと一緒に思い出に残る体験をしてみてはいかがでしょうか。
寿歌のストーリーを知りたいですか?当サイトの「私たちについて」で劇中のあらすじをチェックしてみてください。
一方、公演のスケジュールやチケットの予約方法については、当サイトの「スケジュール」からお進みください。
最新の情報を得るため、当サイト上で発表された情報にぜひご注目ください。寿歌でゲサクとキョウコの冒険に参加しよう! 今すぐチケットをゲットしよう!

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa