hitachinaka

茨城県ひたちなか市にあるこれらの博物館をご覧ください

ひたちなか市は茨城県の都市です。 推定人口は 2019 年 6 月現在 155,187 人です。 ひたちなか市は日本のひらがな市の一つで、漢字ではなくひらがなで書かれています。

一部の歴史では、中湊と平磯の 2 都市が 1994 年 11 月 1 日に合併したことで、ひたちなか市中が誕生しました。 1889 年 4 月 1 日には、平磯、港、そして、中区に勝田の村が設立されました。 その後、 1938 年に港が中港に改称され、 1940 年に勝田が町の地位に昇格しました。 1954 年、中港と平磯が合併し、中港市となり、同年に勝田市が誕生しました。

茨城県ひたちなか市では、忘れられない体験をお約束する博物館をご覧ください。

ひたちなか市考古学研究センター

所在地:茨城県日立中根3499番地

この博物館はかなり小さいが、古代にさかのぼる興味深い芸術品が含まれている。 その期間中に人々がどのように生活していたかを示す証拠を見つけ、現在の生活がどのように異なるかを理解することができます。

ギャラリーサザ

所在地:茨城県ひたちなか市京町 8-18

この博物館では、日本の芸術家が制作した様々な芸術作品をご覧いただきます。 山形和美や桜井理恵子など、さまざまな美術展が開催された場所でもあります。 アートギャラリーには、「 Saza Coffee 」と呼ばれるコーヒーショップもあり、ドリンクを片手にスイングすることができる。

ギャラリー・ガザ以外にも、市内には以下のようなものがあります。

  • ギャラリー・ソラ
  • 横瀬ギャラリー
  • 再ゾーン化
  • ギャラリー中谷

これらの博物館以外にも、ヒッツナカには、訪れるべき場所がたくさんあります。

  • 日立シーサイドパーク
  • 中湊魚市場
  • 磯崎坂鶴田神社
  • 相治ヶ浦 ビーチ

ご存知でしたか?

ここでは、ヒッツナカの街について知っておくべき興味深い事実をいくつか紹介します。

  • 一日中から来た著名人には、山口夏夫、滋賀健太郎、大内山平吉などがある。
  • 「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」は、毎年 3 日間の日立シーサイドパークで開催されるロックフェスティバルです。 通常、 8 月上旬に開催される予定で、参加者が多いため日本最大のロックフェスティバルとされています。 2000 年に始まったこのフェスティバルは、それ以来成功を収めています。
  • ひたちなか市が姉妹提携しているのは、那須塩原市と石巻市です。
  • 市内には、小学校が20校、中学校が9校、高校が5校あります。その上に専門学校と特別支援学校があります。
  • ひたちなか市は、ほとんどが日立グループの工場の社町となっています。第二次産業としては、農業、商業漁業、季節ごとの観光業などがあります。 
Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa