kitakyu lecture

才能者たちの家

日本は書道、茶道、華道など伝統芸術が評価されていることは誰しもが知っている事実であります。この国では、実際にいくつものユネスコ認定の世界遺産があります。

伝統芸術のほかに、この国は、いくつかの演劇芸術において才能ある者たちの本拠地となっています。実際のところ、北九州芸術劇場はそれを証明できる場所の一つです。北九州市は福岡県で二番目に大きい町となります。

この舞台芸術センターは、大型複合商業施設のリバーウォーク北九州の5階から8階に位置しています。

最大席数1269個の大ホール、700席を収容した中型サイズの劇場、さらに216席ある小劇場とあり、合計で約2185席数を誇る芸術センターなのです。質問やお問い合わせは、81-93-562-8436までご連絡ください。

実は、現代美術センター(CCA)北九州は、芸術的スキルを鍛えられる最適な場所の一つなのです。最初のころ、公的学習・研究機関として設立されました。時間が経つにつれて、それは様々な分野のアーティストや専門家の宿になったのです。

CCAは、若いアーティストたちに現代美術の才能を発展させるためのチャンスを提供する、非営利団体です。かつて国際交流基金のチーフキュレーターを務めた三宅暁子氏と中村信夫氏によって設立されました。

また、学生、専門家、教授たちがアイデアを交換して斬新な芸術の形を生み出すプログラムも開催されています。もし興味があれば、申請用紙に記入し、過去の活動を含む履歴書を送り、チームに参加したい理由を記入しさえすれば良いんです。

お問い合わせがある場合、093-695-3691へ電話し、mail@cca-kitakyushu.orgにメールをご送信ください。また、〒805-0135福岡県北九州市若松区ひびきの2へ訪れるのも良いでしょう。

北九州市の現代美術と舞台芸術が世間に知られている理由の一つとして、その文化にあるように思います。事実として、1986年に公開されたファミリー映画「子猫物語」とその英語版はこの都市で撮影されていました。2012年に発売された「コール・オブ・デューティ-ブラックオプスII」でも、この都市を取り上げていました。

この都市で行われているフェスティバルの数も、現代美術と舞台芸術に大きく影響されています。

下記が最も期待されているフェスティバルとなります:

  • 黒崎祇園-戦いの山車が飾られ、街中で山車を引きまわす
  • 戸畑祇園-参加者たちは肩に山笠を担ぐ
  • 小倉祇園-街中で山笠・踊り車が巡行し練り歩く
  • 若松みなとまつり-キュウリ好きな河童を祝う
  • 門司みなとまつり-参加者がカラフルな仮装を楽しむ港都市のお祭り

どんな形の芸術も好きだというあなたなら、北九州という町を愛してやまないでしょう。ほんのわずかな短い旅でもあなたのスキルを磨けるところが、何よりも魅力でしょう。

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa