japan-theater-and-covid

新しい標準:ライブストリームパフォーマンス

安倍晋三首相が COVID-19 のために日本での検疫予防措置を求めた前でも、演劇界はすでに産業にどのような影響を与えるかを見ている。 大部分のトラブルは、アウトブレークが終わるのを待たずに、ライブストリームパフォーマンスを実施し、 YouTube で古い作品をアップロードすることにしました。

幸い、音楽ビデオ、アニメーション、コンピューターゲームなどの形でオンラインコンテンツを制作しているチョコレート社は、『ズーム』を通じてパフォーマンスをストリーミングするために、米ジーキサン・テレワーク社と提携した。この提携は、『ズーム』を通じても YouTube にアップロードされる。

「 3 月末には、家庭で働いているチョコレート社のスタッフの中には、このオンライン劇場を開始して支払いを提案することの可能性について話し合うための Zoom 会議が開かれた」と、このプロジェクトの責任者栗林和昭氏は語った。

「劇場での経験はありませんが、同僚と話した後、 Zoom を使うことに同意しました。これは、ライブパフォーマンスのようなものだと考えた YouTube のリアルタイムストリーミングなど、非常に便利で便利な機能を備えているからです」と同氏は付け加えました。

また、俳優たちを招待して、『ズーム・ブラインド・デート・パーティー』という 1 時間のドラマ『ズームオーディション』に参加させた。

「 1 か月以上仕事ができなかったパフォーマーにとって、絶好の機会でした。 映画の実写をストリーミングするという新しいアイディアは、誰にとっても刺激的だと思う。とくに観客にとっては、『ゲキタン・テレワーク』の主演者の 1 人、八木琴太郎氏は言う。

ライブ配信中に視聴者が 1,000 人以上、 YouTube で視聴者が 8,000 人以上に達したことが記録されました。

栗林氏はまた、このセットアップの利点は、ユーザーがいつでも参加でき、 YouTube のチャット機能を使って反応を共有できることだと述べた。

また、俳優に人々のコメントを生で読むようにして、プログラムを次のレベルに引き上げる計画だと述べました。 これは、俳優が聴衆の反応に応じてプロットの変更を即興で行うためのものです。

「これらの作品のライブストリームを見るのは本当に楽しいことです。アーカイブされたビデオの多くの視聴者は、ズームシアターのエッジに参加できることで、通常の録画や編集のビデオや映画とはまったく異なるため、(ライブパフォーマンス)見逃していると言っています」 森翔太は、主な俳優の一人で脚本家でもあると語った。

成功のため、この問題は、より速いペースでインタラクティブなエンターテインメントを提供するために、ボイスアクターやゲームキャラクターとのコラボレーションも計画しています。

一方、竜山寺の創業者であるリュヤンジ氏は、 12 人の主要な劇作家が参加する今後のオンラインプロジェクトにも忙しだ。 また、 YouTube で公演をアップロードする予定だと述べた。

「今、日本の他の人たちも何をすべきかを模索している中、劇場の未来は非常にエキサイティングなものになると信じている」とリュヤンツィ氏は語った。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *